トクホまでいかない?!機能性表示食品とは?

「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収をおだやかにする」「おなかの調子を整える」「血中コレステロールが気になる人に」など、健康に良さそうなことが書いてある商品が増えてきました。

テレビでも健康に関する番組や、特集を良く見ますよね。

美や健康に対する意識はかなり高まりました。

 

そして、日常生活のなかで無理なく対策を取りたいと考える人が多いでしょう。

出来れば無意識のうちに健康で美しい自分になりたい、という何ともわがままな願望と、それを叶えようとしてくれる企業努力の結晶が店頭にたくさん並んでいます。

 

機能性を表示できる食品は限られており、2015年以前は国が許可した「特定保健用食品」と国の規格基準をクリアした「栄養機能食品」のみでした。

それが、2015年4月「機能性表示食品」の制度が新たに始まり、健康志向の消費者向け商品は急激に増えたのです。

人がバンザイしたマークで知られる特定保健用食品「トクホ」はその効果や安全性を国が審査し、消費者庁長官の許可を必要とします。

その表示を手に入れるまでにはかなり厳しく長い道のりがありそうですね。

 

そこで、そのような機能性を表示した商品を増やし、消費者が商品についての詳しい情報を得て自ら判断し選ぶことが出来るようにと機能性表示食品は生まれました。

機能性表示食品は「事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品」で「安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁へ届け出られたもの」を言います。

トクホほど、国が前面に出ていない感じがありますね。

その分、スピーディーに簡単に機能性を表示出来るようになったのかもしれません。

機能性表示食品は国ではなく消費者が許可する!?

トクホは消費者庁長官の許可をもらったものしか表示出来ませんが、機能性表示食品は届け出をするのみで許可などは特に必要としません。

届け出られた情報は消費者庁のサイトで公開されるので、買う側の私たちがしっかりと選ぶ必要があります。

信頼性や分かりやすさ、提出された情報のレベルの違いなど指摘されている問題点もあるようです。

 

しかし、今や国ですら信頼性に関しては疑問ですし「分かりやすさ」や「レベルの違い」もまた消費者が判断する材料とすれば良いのではないでしょうか。

ただ与えられたものを何も考えずに購入するのではなく、消費者も賢くなるべき時代なのだと感じます。

機能性表示食品のデメリットは未然に防げる!?

気軽に購入出来る機能性表示食品ですが、身体に嬉しいことばかりなのでしょうか。

ひねくれている為か疑り深い為か、どんなものにもメリットがあれば必ずデメリットがあると思っています。

 

例えば、「脂肪の吸収を抑えます」という表示を見れば、迷わず飛びつきたくなりますね。

水分補給の全てをこの飲み物にして、脂肪を完全にシャットアウトしてしまおう!と思いたくなる気持ちも分かります。

 

しかし、機能性表示食品には「1日に摂取する量の目安」や「摂取方法」が表示されています。

場合によっては目安量より多く飲み続けると身体に悪い影響を及ぼすこともあるかもしれません。

 

もし、どうしても目安量より多く摂取したい場合には事業者に確認してみるのも良いでしょう。

機能性表示食品には必ず事業者の連絡先が明記されています。

 

そして、機能性表示食品には他にも注意事項が記載されています。

ある程度の機能性を持った食品は、守るべきことをしっかり守らないと、その機能が正しく働かなかったり、逆効果になってしまったりという恐れがあることを忘れてはいけません。

 

自分が頻繁に購入する機能性表示食品については、消費者庁のサイトで公開されている情報を確認してみてはいかがでしょうか。

熱っぽいと思いながらも仕事をし続け、実際に熱を測って高熱があることを確認した途端に起き上がれなくなったりしませんか?

何となく摂取しているよりも、科学的根拠を知ったうえで摂取した方が、より良い効果を感じられるかもしれません。

機能性表示食品のデメリットを未然に防ぐためにも、その機能を働かせやすくするためにも、私たちがきちんと情報を受け取るべきですね。