日常的によく耳にするようになってきた “血糖値” という言葉ですが、改めて考えてみるとしっかりと理解しているでしょうか。

血糖値が高いと良くない、ということは多くの人が承知していると思います。

なぜ血糖値は高くてはいけないのでしょうか。

血糖値が常に高い状態は、病気になるリスクも高い!?

まず血糖値とは、体内の血液中のブドウ糖の濃度のことです。

血糖値が上昇すると膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値を下げようとします。

このような仕組みにより血糖値が正常値に戻れば、身体の機能が正常に働いていると言えます。

 

しかし、血糖値が高いままという場合には、インスリンの分泌が足りない若しくは、正常に機能していないことが考えられるのです。

このような状態が継続されると、血液の濃度が濃くなり脱水症状を起こしたり、もっとひどくなれば糖尿病・心筋梗塞・肝硬変などの病気を引き起こすこともあります。

糖尿病は、その他の合併症をもたらす病気です。

病気になってから血糖値について考え始めるのではなく、健康なうちにその体を維持するよう努めたいですよね。

 

食事をすると一時的に血糖値は上がります。

健康体であればその後すぐに下がっていきます。

「血糖値が高め」という場合には食事の時に、血糖値の上がりにくい食べ物や血糖値を下げる食べ物を意識的に摂るようにすると、病院に行くまでに至らず正常な血糖値に戻せるかもしれません。

【血糖値を下げる食べ物一覧】

  • タマネギ

タマネギに含まれるイソアリインはインスリンの働きを良くしてくれます。

加熱調理でも生で食べても大丈夫ですが、水につけてしまうとイソアリインが溶けだしてしまうので注意が必要です。

 

  • キノコ

キノコはインスリン受容体の働きを高める作用があります。

インスリン受容体がしっかり機能してくれないと、いくらインスリンが分泌されても正常に働くことが出来ませんので、この働きを高めることも血糖値を下げる為に効果的です。

さらに、キノコには糖質の吸収を抑えて血糖値が急上昇するのを防ぐ効果もあります。

ダブルの働きで血糖値を下げる手助けをしてくれるのですね。

 

  • アボカド

アボカドには、インスリンの働きを良くするカリウムが豊富に含まれています。

そしてアボカドが果物であるという事をご存知でしたか?

果物というと糖質を多く含むので血糖値を下げたい人にとっては避けるべき食べ物のイメージです。

しかし、アボカドは1番糖質の少ない果物と言われているので、その点でも安心ですね。

 

  • 納豆

納豆に含まれる2つの成分が血糖値を下げる為に効果的に働きます。

1つ目はレシチンで、人の細胞膜を作り体内器官が正常に働くように作用します。

これにより膵臓がインスリンを出す機能もしっかり働くようになります。

2つ目はサポニンです。

かなり多くの健康効果を持つ成分ですが、そのうちの1つに血糖値を下げる効果も含まれています。

ある研究では大豆よりも納豆になった状態の方が血糖値上昇を抑制するには、より効果的であるという結果も出ているそうです。

 

  • 豆腐

納豆と同じく大豆製品ですね。

豆腐にもサポニンが含まれていますし、さらに血糖値を安定させる働きを持つリノール酸も含みます。

今では有名になったイソフラボンも血糖値を下げる効果を持っています。

豆腐はカロリーが低いのも嬉しいですね。

 

  • ブロッコリー

ブロッコリーに多く含まれるクロムがインスリンの働きを高めてくれます。

また、女性の身体に必要な栄養素として注目を浴び始めている葉酸も豊富です。

葉酸は、血糖値を上昇させる一因であるストレスの解消に役立つと言われています。

 

血糖値を下げる食べ物はいつもの食事に取り入れやすいものが多いですね。

もちろんこれ以外の食べ物も取り入れ、バランス良く上手に血糖値を安定させましょう!