最近のコーヒーショップでは“カフェインレスコーヒー”“ディカフェ”など、カフェインを出来る限り除いたものを販売しています。

さらに、市販の飲料でもカフェインレスのコーヒー・紅茶、“ノンカフェイン”と表記されたブレンド茶があります。

カフェインが睡眠に影響を及ぼすことは知られている事ですが、それ以外にもカフェインは体に影響を及ぼすものなのでしょうか。

カフェインとは?

まず初めに、カフェインとは何なのかをはっきりさせておきましょう。

カフェインはコーヒー豆・茶葉・カカオ豆・ガラナなどの植物に含まれている成分です。

エナジードリンクや一部の清涼飲料水に含まれるカフェインは、これらの植物から抽出したものを加えているという事です。

カフェインを多く含むものとしては、コーヒー・紅茶・玉露の緑茶などが挙げられます。

そしてそれほど多くはありませんが、カフェインを含むものに煎茶・抹茶・ほうじ茶・ウーロン茶・ココアなどがあります。

その他、抽出したカフェインを添加したドリンクに関しては成分表を見て確認する必要がありますね。

カフェインが身体に与える影響!これは注意が必要!

  • 利尿作用

コーヒーやお茶などを飲むと、すぐトイレに行きたくなると思ったことはありませんか?

カフェインを摂ると交感神経が刺激され、腎臓の血管が拡張することにより体外に老廃物を排出する機能が強まる為です。

体に悪い影響とまでは言いませんが、大事な用事がある時などは控えめにしておいた方が安心ですね。

 

  • 睡眠への影響

神経伝達物質が増加することにより眠気がなくなったり、気分が高揚したりという影響が考えられます。

その為、運転中の眠気覚ましには助かることもありますが、寝返りが多くなりすぐに目が覚めてしまうなど睡眠の質を下げてしまう可能性もあるのです。

 

  • 胃への負担

カフェインには胃酸の分泌を促進する効果もあります。

その為、過剰に胃酸が分泌されると胃への負担が増え、胃がキリキリ痛むなどの症状が出てくることもあるかもしれません。

カフェインは血糖値を上げる!?それとも下げる!?

カフェインと血糖値の関係については、“上げる”“下げる”という全く正反対の事が言われています。

どちらかはっきりして貰わないと、積極的に飲むべきか飲むことを控えるべきか判断出来ないですよね。

実は、カフェインは血糖値を上げる作用と下げる作用の両方を持っているのです。

この正反対の作用が成り立つのはどういうことなのでしょう。

まず、カフェインが血糖値を上げる作用について確認してみましょう。

カフェインには、インスリンの分泌を抑制する作用があります。

インスリンは血糖値を下げる働きをするホルモンですから、これが分泌されなくなれば血糖値は上昇したままになってしまうのです。

では、そんなカフェインが血糖値を下げるとは、どのような流れなのでしょう。

身体の中には実に様々な物質が存在するもので、血糖値を下げる働きをするミトコンドリアを活性化させる“物質”というものがあります。

カフェインには、この“物質”を増やす働きがあるのです。

従って、カフェインは血糖値を下げてくれるという事が出来ます。

摂取するタイミングにより血糖値を下げる作用を活用出来ます!

カフェインの血糖値を下げる作用だけをありがたく活用させてもらうには、どうしたら良いのでしょうか。

カフェインで、血糖値が上がるのはインスリンの分泌の妨げになるからでしたね。

であれば、インスリンがもともと分泌される予定のない時に摂取すれば、特に問題はありません。

通常、食事の後に血糖値が上がり、それを正常値に戻す為インスリンが分泌されます。

食前や空腹時には血糖値は落ち着いている状態なので、そのタイミングでカフェインを摂取すれば血糖値を下げる作用だけを享受することが出来るのです。

食後のコーヒーを楽しみたい気持ちになるところですが、血糖値の事を気にする場合にはコーヒーを食前に楽しむ習慣へと切り替えた方が良さそうです。

カフェインは摂り過ぎに注意してほどほどに!

カフェインは、身体に良い影響と注意するべき影響の両面を持っています。

注意するべき影響があるからと言って、全く摂らないように徹底してしまうと、好きな人にとってはストレスになり兼ねません。

コーヒーやお茶の香りが恋しくなる時がありますよね。

飲みすぎに注意して、上手に楽しむようにしましょう。